So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
uMCOUo857XWN9KD1355705390_1355707045.jpg

混迷の漂流国家ニッポン。政治の理想を追求すべく"新党ひとり"をバーチャル立党。それが『未来党(The Next Generation's Party)』。

日本の不幸は中国と朝鮮だ [政治]

日本の不幸は中国と朝鮮だ。  

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、  
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、  
日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。  
地球規模で情報が行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、  
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。  
   
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。  
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。  
「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。  
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。  
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。  

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。  
   

  福沢諭吉「脱亜論」  
   
   
  明治18年3月16日 時事新報  


120年以上も前の論説とはとても思えない福沢翁の鋭い洞察。
翁の慧眼恐るべし、である。

しかし、もっと驚くのは、120年以上経った今もなお、
中国人と朝鮮人の精神的成熟度が当時とほとんど変わらないということだ。

私は先日のエントリーで、韓国人について、
「何といいますか、人間としてのベースが違い過ぎるのです。
生物学的・文化圏的には非常に近いものがあるのですが、
精神的な部分で、日本人とは大きな隔たりがある気がします。
感情的で偏執的な所が、日本人の気質とは相容れないと思います。」


と記したが、後で読み返してみて、
「少し(正直に)言い過ぎたかも知れない」
などと思ってしまったが、それは過ぎたる反省だったということか・・・。

この二国に時間と労力を割くのは、日本と世界の利益にならないことが、
歴史的に明白となった。

我が国としてはやはり、この二国をパッシングした方が良さそうだ。
いまこそ、再び「脱亜論」の時ではないだろうか。

「政府は中国に譲歩しろ!」
などと政府に申し入れた、経団連の米倉会長

「国益を考えれば我慢できる」
と平気で言ってのける観光業界

福沢翁の論説に照らしてみれば、
このような輩は国賊、売国奴、守銭奴であることが明白である。

このような連中に「国益」を語る資格などありはしないのである。


nice!(6) 

nice! 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。