So-net無料ブログ作成
uMCOUo857XWN9KD1355705390_1355707045.jpg

混迷の漂流国家ニッポン。政治の理想を追求すべく"新党ひとり"をバーチャル立党。それが『未来党(The Next Generation's Party)』。

第三極の大本命、ついに石原閣下が挙兵! [政治]

えー、私は先週、今週と群馬出張中で、
いまも新前橋のホテルでブログを書いてます(笑)

何気にテレビをつけたら、
なんと石原都知事が新党結成の速報中。

おおぉぉぉぉ、ついに政界再編が本格的に始まるようです。

これは私の予想ですが、いくら石原新党をつくり、
維新の会やみんなの党と連携しても、衆議院での過半数は取れないでしょう。

私が会見で気になったのは、「保守勢力の結集」です。
もちろん、新党メンバーのアウトラインでもあろうとは思いますが、
同時に、選挙後を見据えた発言なのではないかという気がしました。

それは、ずばり憲法改正

まずは衆議院で自民党を含めた改憲勢力を結集し、
議員定数の三分の二を確保し、来夏の参院選で、
王手をかけるつもりのようなのではないでしょうか。

ですから、次期衆院選は、国防、国益、国家観が重要な争点となるでしょう。
そうでなければ、石原氏が国政に再挑戦する意味がありません。

従来、票にならないために、選挙戦では敬遠されがちだったテーマですが、
国政に携わる国会議員を目指す者は、本来避けてはならないことです。

覇権主義を隠さない、中華帝国。
いつ暴発するか分からない北朝鮮。
何とかの一つ覚えのように反日を続ける南朝鮮。

このような緊迫した東アジア情勢の中では、
「平和憲法」に縛られて、戦争放棄というお題目を唱えるだけでは、
国を守ることはできないのです。

私は石原氏の政策や思想に100%賛同しているわけではありませんが、
少なくとも国家観、そして国を守るという強烈な意志については、
大いに期待しているものです。

自分の国は自分で守れる普通の国にチェンジするのが先か、
それとも日本が中華帝国の自治区になるのが先か。

中華帝国が太平洋の覇権を握るのが2016年とも、2020年とも
言われている中で、我が国に残されたロスタイムはもう僅かしかありません。

一刻も早く目指そう。
脱・平和ボケ国家ニッポン!!


nice!(4) 

nice! 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。