So-net無料ブログ作成
uMCOUo857XWN9KD1355705390_1355707045.jpg

混迷の漂流国家ニッポン。政治の理想を追求すべく"新党ひとり"をバーチャル立党。それが『未来党(The Next Generation's Party)』。

津軽海峡大橋で北海道再生 [政治]

今年のGWを利用して埼玉から北海道へ旅行に行きました。
その旅行中にぜひ提案したいといいますか、提言すべきだと思うことがありました。
それは、北海道-青森間に橋を架け、そこに高速道路とリニアを通す、というものです。

私は大阪、四国、九州と西での暮らしが長く、北海道は遠い外国のようなイメージを持っておりました。

「高速1000円のうちに行っておこう」ということでマイカーでの北海道旅行の計画を立てました。私にとっては初めての北海道です。

まず気付かされたのは、マイカーでそのまま北海道へ上陸できない、ということでした。
青函トンネルは鉄道だけですし、他にトンネル・橋はありません。
これはもしかしたら常識なのかも知れませんが、世間知らずな私には衝撃の事実でした。
マイカーで行く場合、選択肢としてはフェリーを使うしかありません。

【フェリーで向かう 北海道】
http://www.f-la.info/traffic/ferry/



この21世紀の車社会の中で、なんと不便なと感じずにはおれませんでした。
調べたところ、航路はいろいろあるようでしたが、関東から行く場合、茨城の大洗から乗るのが一番良さそうでした。
それでも一日2便、片道19時間の船旅です。

フェリーの料金そのものについては、妥当かなと思いましたが、
19時間の拘束と、そして便数による予定の融通のきかなさ。
この2点だけはどうしようもありません。

今回は滞在日数が4日という限られた中で、札幌、旭川、美瑛、小樽、函館、
と主要都市を巡ることに終始し、大自然にあまり触れられなかったのが残念でしたが、それでも感じたのは「北海道のポテンシャルの高さ」でした。

土地は広く、自然も綺麗。そして食べ物もおいしい(笑)
なぜこれで経済が発展しないのか・・・。

DSC01351.jpg

もちろん、関東・関西など大都市圏との距離の問題はもちろんありますが、
やはりアクセス面なのではないでしょうか?

マイカーで行かない場合、新幹線、飛行機という手段があり、とくに空路の場合、北海道各地にこれでもかというくらいに飛行場がありますね。改めて道内の地図を見てビックリしました。

しかし、私は実際にマイカーで行ってみて、やはり「橋」が欲しいと思いました。気軽にマイカーやツアーバスで行けるよう、青森-北海道間に橋が欲しいですね。そうすればもっと北海道旅行は人気となり、観光業も潤うし、地元経済に活気がでれば移住する人も増えるかも知れません。私も仕事さえあれば北海道へ移住してみたくなりました。

そこで、「津軽海峡大橋」を建設し、車・リニアのダブルで利用できるようになるといいのになぁ、と旅行中ずっと思っていましたし、今も変わらず思っています。

ネットの記事などを見ると、北海道の函館市と下北半島先端の大間崎を結ぶルート(地図の右側)での建設が現時点では最有力視されているそうです。

全長19キロメートル、工期10年、総工費3兆円の試算がなされているようです。
確か子供手当て(13,000円)の支出が約2兆数千億円だと言われています。
とすると、子供手当て(半額)の約1年分で橋ができてしまうことになります。
であれば、雇用も最低10年は創出することができ、完成後も観光や物流などの経済活性化が見込めることを考えれば、チャレンジするべきではないでしょうか。

昔からこの「津軽海峡大橋」プロジェクトはあるようですね。
一部リンクを載せますが、これ以外にもググるとたくさんヒットします。

【津軽海峡に橋を架ける話】
http://www.comco.ne.jp/~kotuken/tetudo/ito179.htm
【津軽海峡大橋プロジェクト】
http://bridgelove.exblog.jp/8397492/
【津軽海峡大橋について】
http://www.civil.hi-tech.ac.jp/~hasegawa/katudou/genzai/kasiwa.pdf
【東日本交流基盤調査】
http://www.tohokukk.jp/contents/east-base/


もし、技術的に可能であり、経済効果が見込めるようであれば、政策として打ち出す価値は充分あると思うのです。

ですから、私としてはこの「津軽海峡大橋構想」で北海道と東北の再生・活性化を提言させて頂きます。

とてもロマンのある話であり、もし完成すれば世界に誇る夢の橋になりそうです。


nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。